エクセルギーハウスの建物は、やさしく静かに呼吸をします。

エクセルギーハウスの壁は、呼吸をします。
昨今、高気密高断熱の家が多くなってきましたが、 多湿の日本には向いているといえるのでしょうか。

多くの断熱材は、高気密性能を高めるため、密閉されています。
ところが、そのような断熱材は熱を通さないかわりに空気まで通しません。
よって、湿気が室内にこもりやすく、きちんとした換気を行わないと、 住宅汚染を招きやすくなってしまいます。

エクセルギーハウスが使用する断熱材は、 熱は通さず、空気は通します。
昨今、外国の建築法や建築素材を使われている家が多くなってきましたが、 昔からある手法は、日本という気候にあわせ、人々が試行錯誤した結果生まれたものです。
長い歴史には、それなりの意味があります。
今一度、日本古来から使われている素材を見直し、 体に優しい生活をつくりだせるのが、エクセルギーハウスの魅力ともいえます。


また、壁の特殊構造により、室内の温度変化が少なくなるための工夫が施されているので、 自然の力だけでも、一年中快適な温度を保つことができます。

加えて、エクセルギーハウスの内装は、漆喰や無垢材、石材といった、 環境基準・健康基準の厳しいヨーロッパでも使用されている素材しか使わないよう、 お施主様の健康を第一にと考え、ご提案しています。


≫壁の魔法 ≫風の通り道 ≫雨水を利用 ≫太陽の熱 ≫光を活用